<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2005年 04月 09日
花霞
桜の季節に突如この町に戻ってきた人がいた
ほんの短い滞在で
まるでこの町の桜のように
あっと言う間に
通り過ぎて行ってしまった

もう数年前
その人が町を離れる直前に
初めて深く言葉を交わして
その時
初めてどれほど惹かれているかに気付き
思いは伝えられないまま
その人は元いた町へと
家族の待つ町へと帰っていった

一年もここにいたのに
話ができたのはほんの数日だった

誰にとっても辛かったあの秋を
お互いの姿を見ながら
励まされ合っていたのだと知ったのも
その人が帰っていく直前のことだった

メールや手紙が幾度か往復して
ごくありふれた季節の挨拶を交わして

思い出したように行き交う言葉は
たぶん幾重にも上着を着飾って

伝えたい本当の言葉は
どこまでそれをめくれば
見ることができたのだろう

どこまで言葉を深めれば
その人の言葉の裏側を
見つめることができたのだろう

三年ぶりに会ったその人は
あの頃のばしていた顎髭をすっかり落とし
眼鏡の形も少し変わって
そして幸せそうに見えた

翌日にも満開になりそうな
桜並木の下を歩きながら
川を引き込んだ池の前で足を止めた

毎日どうしているの
あなたの町の桜は
今年はいつ頃咲きそうなの
あの頃のようにまだ歌っているの
新しい歌はできたの
一緒に歌いたいな
ギターを弾いてよ
仕事は楽しいの
毎日何を考えているの
毎日何を見つめているの
毎日どんな言葉が
あなたの心を占めているの

光る水辺に視線を落としていると
聞きたい言葉はいくらでも
水面に映る桜の間にに浮かび上がってきた
そして
それを掴もうとする度に
するりするりと水底に戻り
結局
たった一つも捕まえられなかった

桜を見ようよ
せっかくここに来たのだから

そうして初めてわたしは

わたしは
その人の目を見た
ずっと見つめられていることに
本当は気付いていたのだった

一度合った視線は
互いに離れる方法を知らないのだろう

一瞬にも思えるような
永遠にも思えるような
継続の感覚すら失った時間の中で

首筋の辺りに自分の鼓動を感じて
会えない三年の間に
あれほど溢れていた言葉を
すべて失ったままで

見つめ合った時間は
自分をどこに連れて行こうとしているのか
その人がどこに行くことを望むのか

ただ池の遠くの岸に
細く線を作る薄紅の並木が
その人の肩越しにあることに気付くだけで
こみ上げてきそうに思えたのは涙だったのか

泣きたいと自分を突き動かす感情など
どこにあるのかもわからず
それとも自分の行く先を決めることもできない
己の弱さの言い訳なのか
その人の後ろで池の水が揺れると
自分の心もまた
揺れているように思えるのだった

春の優しいはずの光が
その人の背中越しの水面につくる
幾つもの反射は
ちっとも柔らかくなどなかった

水辺の薄紅色と冴えた空の青を映した水が
自分の心にある何を映すのか
それを考えると春の陽射しは
実はちっとも暖かくなどなかった

ただ
ただ本当の心を遮るのは
淡く厚く薄紅色に覆い尽くす花霞
美しさで心を満たしたまま
真実を覆い隠す花霞

石段で私の手をとったあなたに
触れた時 わたしの心のいた場所

この人が向かう先
この人の心が見える場所
わたしが着いて行きたい場所
着いて行けない場所

花霞の上に広がる
透明に見える空が
本当に透明なのかどうか
この目で確かめてみるために
自分の何を強めれば良かったのか

一瞬の心だけは
捕まえなければ
いけないはずだった

あの三年前も
そして今も

この町の春は
たった三日でたどり着き
たった三日で走り去る
余りにも儚く通り過ぎる
瞬きのような季節なのだから
[PR]

by raphie_y | 2005-04-09 13:24 | A Tale to you


    


AX