カテゴリ:An Ode to you( 2 )

2005年 01月 17日
Stellae Terrarum (Stars on the Earth)
この山から彼方に海を見下ろすと
満天の星のように輝く
世界にも有数といわれた
夜景が広がる

あの日
ダイヤモンドのような光を呑み込んで
町を覆った炎を きっと忘れない

あれからの月日の中で
ひとつ また ひとつと
増え続けた町の光は
それまでのものとはきっと違う

生き残った人々が
一度は光を失った人々の魂とともに
一歩 また 一歩と
立ち上がり 歩んだ 再生の証だ

絶望の中にまかれる希望を
信じずにいられない
弱さの中から芽吹く力強さに
勇気づけられたなら
この手をどこかに どうにか
延ばしてみたい

誰かの苦しみを思いながら流した涙は
記憶に溝を刻むまで 拭わずにいたい

十年後の今日
そこで再び輝く光を灯した人々を
とても とても 誇りに思う

与えられた以上の輝きで
その町から放たれた光が
繰り返される絶望の中に
新しい希望を生み出しますように

世界のあらゆる片隅にある
小さな希望と 小さな祈りが
重なり合う波になって
新たなる災害の地を覆う悲しみを
やがてのみ込むものとなりますように

十年後の今日
ひたすらに ただ ひたすらに
自分の身を低くしながら
それを祈らずにいられない
[PR]

by raphie_y | 2005-01-17 05:46 | An Ode to you
2004年 11月 29日
冷たい季節
冷たい季節が好きなのは
あなたの手をあたたかく感じるから

冷たい季節が好きなのは
あなたの言葉がくっきりと聞こえるから

冷たい季節が好きなのは
あなたを想う自分の心と
まっすぐ向き合うことができるから
[PR]

by raphie_y | 2004-11-29 05:53 | An Ode to you


    


AX